理不尽なことに弱い人、強い人 メモ

理不尽に弱い人は、今まで理不尽を体験した機会が少ない。 理不尽に強い人は、その中にある小さな幸せに気づけたり、 上手くなるために悩んで、切磋琢磨することができる人と言える。 ①習い事の例 ・理不尽に弱い人 〇上手になって褒められるのが好き。 ×習…

子供にも簡単にアウトプットさせる方法 メモ

小学生は言語能力としてはまだ未熟であり成長過程である。 だからアウトプットができないかというとむしろ逆であり、 トレーニングをすれば伸びていく。 アウトプットを楽しみながらやってもらうには、好きなものについて語ってもらうと良い。 それを聴く時…

相手に意見したり異論を唱える時の作法

仕事やある程度公式な場所において、目上の人や権威のある人に対して、 自分が明らかに正しいとか、根拠があるとか思っていても、 相手の話を微塵も受け入れずに、直球で相手に自分の論をぶつけるのはよくない。 どの業界であっても和やかに伝えるという作法…

心的な疲労を改善させる休息について メモ

理想的な時間の過ごし方は、何もしないこと。 「何かした方がいいよ」というのは、たとえ親切心でもかえってストレスになることが多い。 何かをする意欲のない人に対して何かを勧めることは、物凄く負担になるからである。 実際にメンタル疾患の患者は体は何…

短命になるリスクを避けるには メモ

①睡眠時間をとる 夜から朝にかけて毎日7時間くらいはとれるとよい。 1日のやるべきことをしっかりこなして、不要なストレスを抱えない。 夕方くらいには少し疲れを感じるくらいの活動量がちょうどよい。 食事はバランスよくとる。 入浴は眠りにつく1時間半~…

他人からの評価を気にする、気にしない

●他人からの評価に対して意識しておくこと ①他人は自分が思ってるほど自分に対して興味はないものである。 ②他人の評価の多くは、評価者、タイミング、気分次第で変わるものである。 ③他人よりも自分の方が、一生付き合っていく相手である。 ④理不尽やストレ…

思いやりの再考

「自分がされたら、自分の大切な人がされたら嫌だと感じることを、 他人にしない。」ということを基準に他人と接するとよい。 また、雑に扱っていい相手など本来は唯の一人も存在することはなく、 そのすべてが誰かに大切にされており、これからもそうなるの…

有酸素運動の効果 メモ

1. 脳の神経の活性化 ・BDNFの産生(brain derived neurotrophic factor; 脳由来神経栄養因子) 脳の神経ネットワークを拡大する物質。 ・ドーパミンの分泌 やる気、幸福感、運動・学習機能、認知機能などに関与する。 中強度以上の運動(汗が流れる程度)を…

肝臓のダメージ回復時間と休肝日について

深酒や偏食などの一回から受けるダメージは、程度や個人差にもよるが、 回復する目安は約48時間と言われている。 故に、「自分へのご褒美やごちそう、外食の翌日は控えめにする」とか、 「1日おきに飲酒する」などの調整が推奨され、広く言われている。 また…

人生の転機の予兆について メモ

時には理詰めで堅苦しい内容ばかりでなく、 リラックスして頭も感性も休息を取ったり、「そういうこともあるのか」と、 あるがままをある程度受け入れられる器を養うことも大切である。 予兆はあくまで予兆なだけなのかもしれないが、 自分に対して今できる…

グズを客観的に分析する メモ

グズな人は大まかに言うと、モチベーションが現実的な行動に結びついていない状態であり、 リスクテイカー(危機好き)がその状態に居直った存在だといえる。 趣味嗜好や人が変わってしまうような、人生における衝撃体験を経て変化することもあるが、 通常の…

自分の力で何とかするために心に留めておくこと

1. 依存し過ぎない 何かに頼りすぎると自分の弱点を作りやすい。 その何かを失ったり、裏切られたり、いい様に使われてしまう側面があるからだ。 また、誰かのご機嫌を伺ったり、変化に怯えたりする羽目になってしまうだろう。 もちろん、人のつながりやチー…

努力したのだから結果も伴って欲しいと思う時

①小さく始めてみる 努力をして報われやすいのは、色々なことを小さく始めてみる事。 最初にそう思った時は興味もある上、規模が小さいと始めやすいし辞めやすい。 実際に体験してみないと、「自分に合っているかどうか」、「向いているかどうか」 という適性…

論理的誤謬、詭弁への対処法 メモ

自分の頭の中が気付かぬうちに他人に歪められてはならない。 ●前提 ・論理的誤謬 論証の過程に論理的または形式的な明らかな間違いや欠陥があり、 その論証が全体として妥当でないこと。 ・詭弁 意図した論述上の誤謬。 論証においては誤謬には形式的なもの…

行動と失敗の大切さ

1. 行動して失敗しないと経験値は貯らない 人は持ってるものでしかどうにかできないし、与えることもできない。 どうされたら嫌な気持ちになり、どうされたら嬉しくなるのか、 様々なパターンや状況をよく知り、経験することである。 苦労をしている人という…