嫌な記憶を忘れるには

記憶が残る理由は脳科学的にも証明されており、 喜怒哀楽が刺激されると色々な脳内物質が出て、 その脳内物質が記憶増強作用を持つためである。 怒りの時はアドレナリン。 不安や恐怖の時はノルアドレナリン。 幸せな時にはドーパミン。 だから、何かを言わ…

人間不信を何とかするには

「友達がいない」 「自分を心配してくれる人がいない」 という人同士で友達になったらよい。 そのためには、少しだけ勇気を出して自分から声をかけたり話しかけて、 相手とコミュニケーションを取っていくようにするとよい。 こういう状況の場合、恐らく相手…

仕事を楽しくするには

①やり方を工夫したり効率化する ②ミスが少なくなるように、手順やQ&A集などを作って活用する ③書類の見やすさやデザインなどの個性を作る 自分で自発性を持って、仕事を少しでもコントロールしている感覚を増やすこと。 ただし、「正しく、速く、シンプルに…

ネガティブな状態からポジティブな状態に立ち返るには

①日記をつける ポジティブなことのみを三行程度で日記につけるとよい。 自分から楽しいことを作りに行って、そのことを書き出して記憶にとどめて、 後で読み返して反芻して、何度も味わうことが立ち返りの対処法である。 楽しいことに対して自分自身で探した…

ドーパミンの活性化の方法について メモ

●飲食面 ・体の内側から改善する 発酵食品を増やし、油や糖分は控える。 また、手軽に摂取できるもの(加工食品、超加工食品など)をやめ、 肥満、不眠、メンタル疾患、生活習慣病などの、 不調のリスクになる恐れのあるものとの接触回数を減らす。 ・ドーパ…

ダイエットに取り掛かりやすくするために

1. 初動 加糖飲料をやめるとよい。 人間はの体は55~-60%が水分で構成されていると言われる。 ダイエットを始めるなら飲み物から取り掛かり始めるとよいだろう。 1日に必要な水の量は2.5L(厚生労働省より)。 また、年齢や体重の違いなどにもよるが、 食事…

食欲に打ち勝つには

①朝に散歩をする セロトニンが活性化する。 セロトニンは食欲をコントロールする要素の一つでもある。 高めることで、暴飲暴食や深夜の食欲を押さえることができる。 ②運動をする 深夜の食欲は、ストレスホルモンのコルチゾールが原因であり、 異常食欲が出…

説明と説得の重要性

説得のコツは、相手が疲れるまで話すこと。 説得をしないと政治の意味はない。 「説明責任を果たす」と言うが、それで止まってはダメで、 「説得責任」を果たさなければならない。 その上で、将来市民の利益を考えていく。 だから、現在市民の声も聞きますが…

男性でもいつまでも若々しく精力的に過ごすためには メモ

男性の多くは50歳を超えると男性更年期と言って、 テストステロン(男性ホルモン)の値が下がってくると言われる。 その前の年齢からでも、薬に頼らずテストステロンを高める方法を知り、 生活を改善していくことで若々しさを保つことが可能である。 男性更…

完璧主義に囚われないようにするには

「まあいいか」と言ってみるととよい。 生きていれば成功もあれば失敗もある。 せっかく立てた予定が時間通りにいかないこともある。 物事が100%うまくいくということは、まずないのである。 だから、「まあこれも計画のうち」とか、「やらないで後悔するよ…

「一生懸命」を上手に積み上げるには

大枠としては、自分に降って来たチャンスを逃さず確実に活かすために、 普段から自分のやりたい事、できるようになりたい事、身に付けたい技術などを、 できる限り明確に書き出しておくことが大切です。 そして、これらをそらで言えるくらいでなければなりま…

苦手なもの、嫌いなもの、恐怖症にどう向き合うか

①あまりこだわらないようにする 対人恐怖症、高所恐怖症、特定の動物の恐怖症など、 特定の状況や体験に異常な恐怖を感じて、その状況を避けてしまうことがある。 実際に治そうとすると簡単ではないので、あまりこだわらないほうがよい。 また、こだわればこ…

今の自分の気持ちに合った音楽を選ぶには

音楽には精神的に良い影響、良くない影響を与える場合があり、 その側面として「リラックス」と「興奮」という軸が考えられる。 例えば精神的に疲れている人や、メンタル疾患を抱えている人が、 外出や出勤をするために聴くならどちらの音楽がよいか、という…

食欲に負けずに減量を成功させるには メモ

①朝に運動する。 ②散歩程度でも良い。 ③日光を浴びながらだとなお良い。 さらに、食欲に負けないで制限して、間食もしなければ成功しやすくなる。 ●セロトニンを活性化が食欲の抑制につながる 食欲は、脳科学ではいくつかのホルモンや物質で規定されているが…

夏休みでも生活リズムを崩さないために

あるいは、「崩れてしまった生活リズムを元に戻す」でもよい。 基本的には、規則正しい睡眠サイクルを維持し、 朝の日光を浴びて軽く運動や散歩をした後に朝食をとり、 日中は必要以上の仮眠はとらないのがよい。 1. 昼や夕方の仮眠に気を付ける 通常、睡眠…