共感力を伸ばしたい時の対処法

共感力を伸ばしたい時には、映画、漫画、小説を見たり読んだりして、その内容をアウトプットしてみることです。 物語の中に登場する様々な登場人物は、その物語における様々な感情を表現することがあります。 その時に、その人物の感情やコミュニケーション…

優しさと怖さについて ―性格が良いだけではダメということ―

優しさを持つことは良いことですが、いつでも他人に優しくするばかりではいけません。 あなたから優しくされたその他人も、いつでもそれを当たり前として考えるようになり、一旦そうなってしまうとその後は、せっかく優しくしてあげても感謝すらしなくなりま…

努力の成果を取り逃がさないためにできること

①プロに教わる場合は 「自分なりの努力」は一旦置いておく もしその道のプロに指導してもらったり質問に答えてもらったのであれば、その人の言った通りにそのまま行うことです。 既に成功できたやり方を教わるわけですから目標達成は当たり前で、しない方が…

人から嫌な言葉をかけられたときの対処法

①発憤材料にする 人から嫌な言葉をもらっても、発憤材料にしてしまえば成功した時にはむしろその人が恩人になっていることもあります。 さらに、より大きなことを成していくほど、「あの時のことなんて小さなこと」だと思えてくるものです。 また、相手とあ…

仕事ができる人を目指す時の対処法

①注ぎ込む労力の全てを仕事の核となる部分に集中させる 自分の本務はどこにあるのか常に把握できるようにすることが大切です。 自分の本務をきちんと済ませたり結果を残すことができるようになれば、「勝てば官軍」とまでは言いませんが、周りから文句も出に…

できない人への対処、それを責める人への対処

仕事でも勉強でも何でも、いわゆる「できない人」と言われる人がいます。 こう言われてしまうは一定数いるものですが、自分だって今まで知らなかったことだったり、始めてやる分野などに触れればそうなる可能性も大いにあります。 だからせめて、そのように…

もっと気楽に生きたいと思った時の対処法

①人間性を信用しない 人間は完璧な生き物ではありませんから、細かいことまでいちいちストレスとして溜め込まずに、「人間なんてこんなもんだ」と大きな心を持ってそう思えるようになることです。 別の言い方をすれば、他人も自分も許せるようになることです…

挨拶を無視してくる人に対する効果的な対応

挨拶を無視してくる人には、反応するまで粘り強く挨拶してみるとよいです。 これは、無視されたことを根に持ったり負の感情を持ったりしながらやるのではなく、いつもと変わらない明るい挨拶で分け隔てなく対応した上で、「この人に挨拶の返事をさせたら勝ち…

疲れ切って帰宅した日でも忘れてはならないこと

①風呂に入ってリラックスする②好きなものを食べる(一品だけでも)③翌朝の身支度準備をする④電気を消して布団に入る⑤よく眠る 疲労の原因が体の疲れなのか頭の疲れなのかは一先ず置いておいて、睡眠中にはしっかりと体も心も回復できるように、寝る前にリラ…

物事の進捗が遅いのを改善するための対処法

物事の進捗が遅い人は、次の可能性が高いことがあります。 ①そもそも今やっていることについて知らないことが多い②段取りゴールまでの道筋をつけたり、調べる勘所などに慣れる前の段階にある③自分なりのやり方にこだわり過ぎている もし、先人が古くから使っ…

好きなことを仕事にするためにやっておくこと

①自分の好きなことに全力を注ぐ 誰かとの関係性にしろ、気になってるお店にしろ作品にしろ、自分が「好きだ」と思える何かに出会えることは最高に幸せな事です。 しかし、この世には永遠に続くものというは恐らくありませんから、今この瞬間から自分の好きな…

強気をもって自分を一歩前に押し出すことの大切さ

一昔前はよく、勝負の世界とりわけ武道や競技などの勝ち負けが決まることにおいては、「死ぬ気でやるな。殺す気でやれ。」と表現される言葉がありました。 今はあまり言わなくなったようですが、もし苦い思い出を想起させる表現となってしまったらご容赦くだ…

減量中の間食とカロリーと体重増減の関係を少しでも把握する方法

結論から言えば、「それをしたら(続けたら)どうなるか」と自分で考えて計算してしてみることです。 例えば、痩せたい、痩せたのでこのまま体重を維持したいと思っている人が、今の摂取量に追加でポテトチップス(100g=500kcalとして)を1日1袋を1か月と…

物事の理解の仕方について

1. 理解の段階について 物事を理解していく過程として、次の三つに分けることができます。 ①うろ覚えの段階②考えれば思い出せる段階③考えるまでもなく口から出てくる段階 ③まできてやっと、自分の血肉として知識を自由に操れる状態と言えます。 2. 理解する…

専門用語の勉強と理解についての重要性

自分の専門となる分野に進むなら、その勉強の半分以上は専門用語の理解に費やすことが大切です。 これは、専門性の高い資格試験ほど顕著な傾向で、用語の理解を問う問題は正否がはっきりしているということもあり、また出題もされやすいです。 「用語を制す…