集中力を高めるために日常生活でできること


①睡眠時間を最低7時間以上とる
 睡眠時間は大人であれば最低7時間以上、8時間以上であればなお集中力が回復できる可能性が高まります。
 睡眠不足の状態のままだと、何をやっても集中力が高まらないし、他にどんな方法を取り入れてみても集中力は高まりようがないでしょう。

 また、個人差はあるでしょうが、6時間程度の睡眠を2週間続けた場合、二日間徹夜した人と同じレベルの集中力になる、という研究結果も出ていると言われます。

 

②運動を取り入れる
 汗が流れる程度の中強度以上の運動や筋トレの他、朝の散歩をするとよいです。
 有酸素運動や筋トレなどで体を動かすと、運動直後からセロトニンが正常化していくと言われています。
 セロトニンは集中力の源となるので、朝で晴れの日なら特に散歩などをして日光に当たり、セロトニンを活性化させるとよいでしょう。

 その他にもノルアドレナリン、ドーパミン、アドレナリンといった集中力を高める物質が運動をしている最中から分泌され、これらは運動後1時間程度、運動習慣のある人は2~3時間程度に渡って継続的に分泌されると言われます。
 また、運動を習慣にしておくと、運動をしていない時でも脳にいい物質が十分に分泌されるようになり、運動をしていない時間帯でも集中力が高まりやすくなると言われます。

 

③片付けをする
(1) 机の上などの物理的な片付け
 物理的に散らかっていたり、例えば机の上にスマホなど必要ないものがあるだけで、注意力や集中力は低下してしまいます。
 ですから、自分の学習や仕事の領域はきれいに保っておき、余計なものが視界に入らないようにしていくことは、集中力を高める方法として有効です。
 朝一で机に向かう最初の5分で綺麗に片づけるとか、一日の仕事終わりの最後の5分で机の上には何も乗っていない状態になるように亀齢に片づけておくなどを習慣にするとよいでしょう。


(2) 頭の中の整理という意味の片付け
 人間のワーキングメモリーは同時に三つ程度のことしか処理できないと言われます。
 そのため、メモやToDoリストなどを活用して書き出しておくことで、余計なことを考えてしまう時間を減らすようにしておくとよいです。
 余計なことを考えるスペースがなくなった脳では、集中力だけでなく創造性も湧いてくることでしょう。