自分と他人を比べて落ち込むよりも、過去の自分と比較する


 自分と他人を比べてクヨクヨ悩んでいる人を見かけることがありますが、そもそも自分と他人は違うものなのですから、何の意味もないことです。
 そうすることは、はっきり言って時間とエネルギーの無駄です。

 それよりも、今の自分と過去の自分とを比べてみることです。
 つい1~2週間前の自分、先月の自分、半年前の自分、そして去年はどうしていたかなどと比べてみれば、かなり成長していると分かるのではないでしょうか。
 また、今では当たり前のようにやっている仕事などがあれば、それを始めた頃の自分と今の自分とで出来映えがどのように変わっているのかを比べてみるのもよいでしょう。

 一年前の自分と比べたら、どんな人だって多少は成長しているもので、これが三年前であればかなり変わっているはずです。
 それが分かったら「では実際に何が変わっているか」を振り返ったり書き出してみて、再認識してみることです。
 でも、そんな面倒なことはやりたくないでしょうから、やっぱり他人と比べて落ち込んでしまうままなのかもしれませんが。

 


 誰にでも、自分と他人とを比べることは時にはあることですが、常日頃からことあるごとに比較してしまうような「癖」になっている場合は、これを機にやめることをお勧めします。
 それよりも、もっと自分のことを気にして、もっと自分に興味を持って、過去の自分と今の自分を比べられるようになった方が良いです。
 今現在のところは間違いなく自分の人生を生きているのですから、他人と比較して落ち込んでいる暇があったら、次の三つくらいは一旦書き出してみて、客観視してみるとよいでしょう。


 ・自分がやりたかったことが現在どれだけ達成されているか
 ・自分はどれだけ他人や世の中の役に立っているか
 ・自分は今どのくらい幸せになっているか


 そして、「なんだ、自分は結構やっているじゃないか」ということが分かったら、「さて、明日は一体どんなことをやっていこうか」と思いを巡らせればよいのです。
 万が一分からなかったり、大した数をこなしていなかったと思い知ったならば、これからは人と比べている場合ではなく、もっと自分のことに集中し、自分の人生の本分を優先させていくべきなのではないでしょうか。

 


 自分も、他人も、いつでも周りの人を助けられるとは限りません。
 恐らくは、各自のやりたいことや成すべきことを最優先に考え、自身にしかできない何かを成し遂げようと、一生懸命生きているはずです。

 また、他人に過度に期待を抱くことも依存することもよくありません。
 いつだって自分の足で立ち、前に進んでいかなければならないのです。
 それなのに、今日も自分と他人と比較して、勝手に考えを増幅させて、勝手に落ち込むのでしょうか。

 どうせ比較をするのなら、過去の自分と今の自分を比べることです。
 そして、どれだけ成長しているかを見つめ直し、時には褒め、時には律し、少しでも気持ちを前向きにして、様々な面で自立できるよう行動に移しながら、自分の人生を自分で決めて進めていった方が何倍もマシなのです。