人生

他人の顔色を窺うばかりの人生を変えるための対処法

①自分の軸(目的や方向性)を定める②他人の意見は参考程度にとどめる③自分の思い、考え、感想などを言語化する練習をする 他人の顔色を窺うことは、良く言えば「周りとの調和を大切にする」という文化の一つかもしれませんが、悪く言えば「他人の顔色を気に…

自己犠牲のお人好しにならないための対処

①「世のため人のため」は自分に余力がある時にやる 自分を犠牲にして、ただ相手の為に何かしないことです。 その先に幸せはないからです。 自分を犠牲にしてうまくいかなくなって自分が不幸になると、自分が不機嫌になり、性格が歪み、最後には相手も不幸に…

人はなぜ腹が立つのか、他人に腹が立つ時はどうしたらよいか

自分と他人の言うことがすべて同じということはまずあり得ないことです。 ですから、基本的には「まあそういうこともあるよね」くらいに思うことで留めておき、特に問題にするようなことでもない些細なことであれば、あまりそのことに囚われ過ぎない方がよい…

試験や評価などでの結果の良し悪しに係らず思い出しておくこと

誰にでも、良い結果を手にしたら浮かれやすくなってしまう、ということがあるでしょう。 また、良くない結果を手にすると落ち込んで沈んでしまう、というものもあります。 どちらであってもこういう時は、自分のことも周囲のことが見えづらくなってしまうも…

希望を持つことの大切さ

人の心が塞がってしまう時は、大抵は希望を失ってしまった時です。 これは「生きる希望」に限定した話ではなく、辛かったり苦しかったりしていて藻掻いてでも前に進むこととや、成すべきことが見えなくなってしまっている時にも当てはまることかと思います。…

人や社会の役に立ちながら生きるために必要なこと

自分以外の他人や社会の役に立つための行動を利他的と言うことがありますが、利他的に行動するにはまずその意識が必要です。 そのためには、「人に親切にすることが自分の幸せに繋がる」という経験を増やしてあげるとよいです。 利他的と言うと辞書の上では…

人生を巻き返したい、やり直したいと思った時にやること

人生を巻き返したいとかやり直したいとかいうことは誰しも考えたことがあるのではないかと思いますが、あえて言うのであれば、次の3つについてまず書き出してみることです。 ①今日一日がどうあれば満足できるか ②何か一つでもできたら嬉しいことは何か ③次に…

ズルさについての考察

一般に言われる偉人や天才とされている人たちはの大半は、「ズルさ」という戦略性、計画性を発揮して名を成していきました。 チェスの達人のように駒を進めていく人は、立派な「賢者」であると言え、ズルさも発揮せず正面突破ばかりしようとしている人たちは…

強気をもって自分を一歩前に押し出すことの大切さ

一昔前はよく、勝負の世界とりわけ武道や競技などの勝ち負けが決まることにおいては、「死ぬ気でやるな。殺す気でやれ。」と表現される言葉がありました。 今はあまり言わなくなったようですが、もし苦い思い出を想起させる表現となってしまったらご容赦くだ…

真に受けない方がよい言葉

自分が相手やチームのことを思いやって行動しても、「ありがとう」の一言も無しに次のようなことを言われることがあれば、その相手との関係は考え直した方がよいかもしれません。 ・このくらいやって当たり前です。 ・期待してたのにガッカリしました。 ・こ…

「こんなはずではなかった」とならないための考え方

よく「こんなはずではなかったのに」と言って後悔する人を見かけますが、では、人生「どんなはず」ならよかったのでしょうか。 その状況や対処は人によって様々あるでしょうが、大枠としては次のようなことが大切です。 ①自分のやりたいことを決め、 ②実際に…

見習わない方がよい人

生きていれば、「この人は苦手だなあ、敬遠したいなあ」と感じる人が一人くらいはいるものです。 実際のところは逃げてばかりいるとやがて一人になってしまいますし、社会に出てうまく立ち回る力もつきにくくなってしまうというマイナスの面もありますから、…

フットワークが軽い人になるためにできること

①新しい場所に行く②新しい人と会う③やったことのないことをやってみる 人の活発さを表現するのには、フットワークの軽い人重い人、アウトドア派インドア派など様々ありますが、旅行や移動をするのが好きなタイプの人がいます。 その反対に、活動的なことは苦…

与えられる人になる練習

①他人のためにどんなことができるかを考える 他人に何かを与えられる人というのは、物をくれたり、お金を出資してくれたり、寄付や募金を人というだけではありません。 時間や労力を提供する、というのも与えることの一つになります。 例えば、次のようなこ…

失敗や挫折から立ち直る方法 メモ

失敗や挫折を経験するとなかなか立ち直れないことも多いかもしれません、 しかし実際のところ、失敗や挫折をするのは良いことでもあって、そこから同じ失敗や挫折をしないように何がしかの経験を得るようにすると良いということです。 今まで数えきれないほ…

逆境を乗り越えるために気を付けておくべきこと

たとえ小さなことであっても新しい挑戦をしていれば、誰でも逆境を経験することがあるでしょう。 逆境は決して心地の良いものではないかもしれませんが、こうしたことはある意味試練と捉えることもできます。 その中にいる間、上手に耐えて学習し続けたり、…

どのように生きるかをどのように考えるか

「一年の計は元旦にあり」と言われますが、正月も三が日を過ぎ、仕事始めをした方もいるかと思います。 さて、「どのように生きるか、何をしたいのか、どういう人生を送りたいのか」をよく考えることは大切ですが、閃きややる気が湧き上がったとともに無茶な…

毎日を楽しく生きる時間を少しでも増やす方法

毎日を楽しく生きるには、様々言われていることの中には、「自分のやりたいことをハッキリさせる」とか、「そのハッキリさせた活動を通して、少しでも手応えを感じている実感があること」とか、「良好な人間関係に囲まれて過ごす」などということをよく聞く…

やりたいことをやり、前向きに生きるための考え方

やりたいことをやって前向きに生きるためには、まずは次のようなことを意識するだけでも、今より少しは前向きさを感じたり、忘れてしまっていた分を思い出し、さらに取り戻していくことができます。 ・まずはよく眠る。 ・これからやることの中に楽しみを設…

今後の自分の人生をより良くするためにできること

①一人の時間を持つ ただ一人でボーっとする時間を作る。 場所は、家の椅子でも、カフェでも、自分の好きな場所の景色を見ながらでもよいです。 これは、今まで休みもそこそこに忙しく使っていた頭をゆっくり休めるための時間を作ることと、今の自分に必要な…