成功

「さっさとやる」ことの大切さ

仕事でも勉強でも日常でやろうとしていたちょっとしたことでも、怠惰にしてしまったり腰が重い時があります。 例えば、モチベーションが上がらない、暑くて(寒くて)やる気が出ない、面倒くさくてできない、何故か分からないけど身が入らない、などです。 …

知らないうちに人から嫌われる習慣

①悪い知らせを伝える(自発的特徴変換) 悪い知らせを伝える話ばかりしていると、話を聞いた相手はその悪い知らせの内容と教えてくれた人をセットにして記憶してしまうので、教えてくれた人のことも合わせて嫌いになる傾向が高まります。 ですから、噂好きの…

失敗が気になって行動できない状態を改善する考え方

①行動して失敗しないと経験値は貯らないと考える 人は今持ちうるものでしか対処していくこともできませんし、人に与えることもできません。 逆に考えれば、今持っているものと置かれた環境で動き出さないと始まらないということですから、「アレがなければ何…

努力の成果を取り逃がさないためにできること

①プロに教わる場合は 「自分なりの努力」は一旦置いておく もしその道のプロに指導してもらったり質問に答えてもらったのであれば、その人の言った通りにそのまま行うことです。 既に成功できたやり方を教わるわけですから目標達成は当たり前で、しない方が…

物事の理解の仕方について

1. 理解の段階について 物事を理解していく過程として、次の三つに分けることができます。 ①うろ覚えの段階②考えれば思い出せる段階③考えるまでもなく口から出てくる段階 ③まできてやっと、自分の血肉として知識を自由に操れる状態と言えます。 2. 理解する…

専門用語の勉強と理解についての重要性

自分の専門となる分野に進むなら、その勉強の半分以上は専門用語の理解に費やすことが大切です。 これは、専門性の高い資格試験ほど顕著な傾向で、用語の理解を問う問題は正否がはっきりしているということもあり、また出題もされやすいです。 「用語を制す…

模倣の良さと深さについて

何か新しいことを取り入れようとしたり、練習をして上達させたいという時は、模倣から入るとよいです。 武道やダンスなど体を使うようなことなら見本と同じように真似たり、きれいな字を書くなら手本に沿ってなぞり書きができる教材を使ったり、パソコンなど…

努力の有無に関係なく物事を実現させるには

努力の有無に関係なく物事を実現させる方法 「私は平凡なので努力するしかない」と、こちらが心配するくらいかなり自分を低く見積もって言う人を時折見かけますが、普通の人はそもそも努力自体が苦手なことも多く、その努力と言っているものも、無理やりやっ…

新しいことを学ぶ時の心構え

①今後の選択肢が増えることを意識する 学ぶことの大切さの一つとして、「生きたいように生きるための選択肢を増やす」ということが挙げられます。 いつだって今の世の中に不平不満を言う人はいますが、自分勝手や高望みばかりしなければ、生きたいように生き…

淡々と着実に成功するために押さえておいた方がよいこと

①つまらないことを淡々と続けることができる 成果を収めるには「やるべきことを淡々とやり続ける」ことです。 仕事にしろ勉強にしろ決して楽しいことばかりではありませんが、成功するにはそれが最も大切なことなのです。 周りに地味だと言われても、基本と…

せっかく努力するなら結果も出したいと思う時の対処

①小さく始めてみる 努力をして報われやすいのは、何にしても「小さく始めてみる」ことです。 最初に「小さくでもいいから始めてみよう」と思った時は興味も高いし、規模が小さいほど始めやすいし辞めやすいこともあり、もしうまくいかなくても損害が少なくて…

新しく習慣にしたいことを自然に取り入れる方法

何か習慣化したいことがある時は、「これから毎日やるぞ」と気持ちばかり意気込むのではなく、「既に習慣になっている行動とセットにする」方が馴染みやすいです。 或いは、絶対にその行動をとらないと次に進めないもの、例えばスイッチのオンオフなどをきっ…

うまくいかない時にこそ冷静になって思い出したいこと

物事がうまくいかない時は、訪れてほしくなくても訪れるものです。 仕事一つとっても、練習一つとっても、「一先ず時間を空ける」、「できるまで反復する」、「やり方を変える」など様々な対応があります。 問題解決のためには「やり方を変える」という対応…

チャンスを待つ時の心構え

何か物事を実現させたいとか、次のステップに進みたいというようなときにチャンスを待つ時の心構えとして、たとえ誰に相手にされなくてもチャンスを待ち続けるということです。 下積み時代とか潜伏期間とか言われる時間の中では、ひたすら動きを止めず、勉強…

行動できない状態を変える方法

何か行動しようと思ってもなかなか行動に移せないということがあります。 動物は、自分が死なないで生きていくために、自分の行動パターンを突然変えたり今いる縄張りから外には出ようとせずに、昨日と同じことを生きていく習性があると言われています。 人…

もっと頭を良くするためにすべきこと

①勉強する 問題解決能力や思考力とは、一般的には知識を使って推論するのが原則です。 ですから、知識が豊富で推論の幅が広い人が頭がいい人だと言われ、推論の幅が広がるということは、仕事の機会が広がるということでもあります。 自分がなすべきことに必…

努力が過剰なのか不足なのかを見分ける方法

自分は努力のし過ぎなのか、それともまだ足りていないのかを見分けるには、「自分がやれることを、やれる範囲でできているか」を見つめ直すことが大切です。 次の三つで判定することを基本としてみると良いでしょう。 ①記録をつける②加点法で調整する③生活の…

物事が継続する、長続きする秘訣について

物事が継続する、長続きする秘訣は、「今日1日だけ頑張ろう」が最適な解決法と考えます。 何事も地道にコツコツ続けていくことは大切なことなのですが、では実際どうしたらよいのかと意気込んでしまうと、翌日にはその悩みを理由にやらなかったりします。 「…

なぜ予期せぬ成功はいつまでも心に残るのか

社会に出てそこそこ長く生きていれば、なぜか「うまくいってしまった」と思える経験をすることが何度かあると思います。 うまくやろうとして実際にうまくいったことは、その後になってもほとんど記憶に残っていないことすらあるのに、「うまくいってしまった…