コミュニケーション

人に親切にする時の考え方

「親切は良いことだ」と言われても、人に親切をする時は誰でも、「お節介に思われるんじゃないか」、「迷惑がられるんじゃないか」「余計に直せばと思われるんじゃないか」という、ある種のマイナス感情や恐怖を連想するような感覚を持つこともあるのではな…

聞き上手になるための考え方

①会話の割合を考える 自分の話ばかりしてないで「7割から8割は相手の話を聞く」ということです。 相手の話をしっかり聞くということが、相手の話の満足度を上げたり、人間関係を改善させていくために必須事項となります。 相手と話している時に、相手の話を…

相手の言葉にいちいち落ち込む前にすべきこと

相手からの「そんなの誰にでもあることだよ」、「気の持ちようだと思うよ」というような、何気ない言葉でいちいち落ち込んだり傷ついたりする人がいます。 相手はその人に特に敵意も悪意も持っていないのに、さらに傍目から見ても特に悪い要素も感じられない…

反抗期の子供との付き合い方 メモ

まず、子供が反抗するということは良いことです。 なぜなら、もし反抗期がなければ相手との人間関係や距離感がよく分からないまま社会に出てしまうことになるからです。 反抗するということは、相手との距離感を測っているのであり、つまりは社会性を身につ…

聞き上手な人の話の聞き方

①話題だけでなく話し手にも興味を持つ 人は、自分の興味のない話題は聞けない、もしくは、そのように思い込んでいるようです。 例えば、喫茶店のスイーツの話題になっても「自分は甘いものをそんなに食べないので、分からないしどうしようもない」と思ったと…

人前で話す時に押さえておくポイント

人前で話す機会というのは、何かの拍子で突然訪れるものです。 社会に出て様々な経験を積んでいけば、そこそこ大勢の前で話したり、大切なことを伝える場合もあるでしょう。 普段のお喋りのように一人や数人程度ならば誰にでも経験があるのでしょうが、大勢…

会話の印象を良くし、少しでも「話が合う人」と思わせる方法

①聞き心地の良い言葉を使う 耳から入った言葉は、一般的にはそれに対応する感情や感覚や情景などによって自動的に変換されます。 また、この変換を理性でブロックするのは難しいとも言われています。 例えば、「みかん」という単語を聞いても、普通は「みか…

大したことのない話を少しでも面白く聞かせる方法

大したことのない話を面白くする技術は、コミュニケーション力、スピーチ力、文脈力といったものを伸ばしていくと身につきやすくなります。 そもそも「声に出して表現する」ことに加えて、話の構成を作る力、話を展開させていく力、人の心に印象付ける力が必…

目上の相手に意見したり異論を唱える時の作法

目上の相手に意見したり異論を唱える時の作法 ある程度世の中で経験を積んでくると、仕事やある程度公式な場などにおいて、目上の人や権威のある人に接する機会もあることと思います。 その方々に対して「自分の方が明らかに正しい」とか「根拠がある」とか…

コミュニケーション力を鍛えるために身近でできること

普段から意識はしていなくても、「相手に何かを伝えたい」とか「自分を理解してほしい」というようなことはほとんどの人が思っていることであり、コミュニケーションの基本ともなることです。 家族や友人といった親しい関係の人達と話をしている時でも、当然…

より良い人間関係を築いていくための考え方

より良い人間関係を築く力は大切です。自分の専門分野の能力を高めることももちろんですが、決してそれだけに固執しないことです。本を読んでみるでも、何かの会合に顔を出すでも良いので、日頃から少しずつでも、一日に一つでも、人間関係構築力を磨くこと…

相手と良い関係を作っていくために日頃からできるコミュニケーション

世の中には、特に話し上手でなくても、なぜか人から慕われたり、いつも周りに人が集まっているような人はいるものです。 実際のところ、話の内容や話し方だけにとどまらず、気持ちの良い返事や相槌、相手が自然体で会話ができるように接していくことなどもま…

説明と説得の重要性

説得のコツは、相手が疲れるまで話すこと。 説得をしないと政治の意味はない。 「説明責任を果たす」と言うが、それで止まってはダメで、 「説得責任」を果たさなければならない。 その上で、将来市民の利益を考えていく。 だから、現在市民の声も聞きますが…