雑記

このカテゴリーには、日々の仕事、生活、学習、役に立った事、ある程度まとまったメモ書きなどを投稿しています。

また、2021年11月より、このカテゴリーへの投稿のみ常体での表現(である調)を使用しています。

本来はこのブログを訪れた方の多くが読みやすいように、敬体での表現(です、ます調)が望ましいと思いますが、著者本人のスキルの向上を兼ねて使い分けをしています。

読む方によっては多少堅苦しい文章表現となりますが、しばらくの間どうぞご了承ください。

お金に対する罪悪感を取り除くには

お金について勉強すること。 お金についての本や基礎的な解説を読むと良い。 ・お金を使うほど人に喜ばれる ・お金を使うほど日本の経済が良くなる ・税金の仕組みについて知る ・納税について知る ・お金と信用について知る ということなどを学ぶと良い。 …

聴く力について

聴く力を持つこと。 例えば、 ・何度も繰り返す話 ・一見矛盾しているように聞こえる話 ・今の自分には難しいと感じる話 ・一般常識をかけ離れた話 ・耳に痛い、頭や胸が痛くなる話 ・いつかどこかで聞いた記憶があり、今あらためて気になる話 時には、ただ…

本や映画の理解を深め、感想を上手に書くには

①読んだり見たりしたら、すぐに頭に残っていることをすべて書き出す 形式にこだわらず、アウトプット優先で感想を書いていく。 慣れてくると、アウトプット前提でインプットすることができるようになる。 後でアウトプットしないといけないからと、詳しくイ…

神童を作るには メモ

学校の成績が良い子を作るなら、 ①勉強好きかどうか ②勉強法が上手かどうか ①について ゴール設定の仕方が重要である。 子供たちがその科目を習得することが嬉しく思えるようにならないといけないので、 ゴールと科目が合致していることにかかってくる。 例…

自分を成長させる考え方

●やる気を出すための何かをしても、やる気は出ない 自分の中のやる気のスイッチを入れるためには、 トレーニングの内容にやる気を出すことを含めないこと。 なぜなら、トレーニングをして成長する事の方が大事だからである。 また、トレーニングや勉強を、ま…

できない人を育てるには

●「褒める」、「叱る」の手前にしておくべきこと 「褒める」、「叱る」というのは、その現場でやらないといけないが、 そもそもの土台として「承認する」というベースがなければ、 その「褒める」、「叱る」という意図も熱量も、相手には届かないだろう。 「…

読書をした結果得ることができたらよいこと

①より良く生きるための知恵 自分が望む成功をより具体的にするための ・思考 ・決断 ・行動 が得られるかどうか。 ②理念 自分はどんな人物で、何を大事にし、どこへ向かうのか。 その指針や補助となる言葉が、もしたった一行でも見つけることができたならば…

後悔しない決断をするには

●ワクワクする方を選ぶ 脳を活性化する物質である、ドーパミンが分泌されるため。 ワクワクすることを選んだ時にも、ワクワクすることを達成したときにも、 ドーパミンが分泌されている時には、集中力も生産性も記憶力も高まるので、 ドーパミンが出るような…

否定的ダブルバインド

どちらを選んでも正解ではなく、逃げる場所もない状態を否定的ダブルバインドと呼ぶ。 「分からないことは自分で判断せず必ず相談しなさい」と言うから相談すると、 「こんなこともわからないのか」と怒られるので自分で判断すると、 「なぜ相談もせずに勝手…

肯定的ダブルバインド

相手がどう答えてもこちらにとっては正解な状態をそう呼ぶ。 連結法でも紹介した例は、肯定的ダブルバインドにもなっている。 二つ以上の文章が連結されている場合、理性は最後の文章を重要視する。 ・彼は地味だけど頭はいい →頭の良い人を想像する ・頭は…

連結法

理由があると否定できなくなる ●連結法とは 本来は無関係なもの同士をつなげることで、否定しにくくさせる話法。 人には「理由づけされると無批判になる」という性質があります。 その理由が正しいかどうかにかかわらず、「○○だから✕✕」といった構文自体が人…

分離法

相手の中の別の顔を味方につける ●分離法とは ひとつのものをあえて複数に分離することで、 相手の意見を否定せず、同時に自分の意見も受け入れやすくさせる話法。 「あなたは頑張りすぎです」 「別にそうは思わないです」 「待っていることにも気づかないほ…

やる気を出すには

●メリットをはっきりさせる ・報酬がある(お菓子やテレビなど) ・どんな明るい未来が待っているかを描く ●少しでいいから行動に移す 作業興奮(ドーパミン)を起こさせる。 また、少しだけ取り掛かって間を置く(最初の1行など)だけでも効果がある。 例:…

減量とリバウンドの対策

食事を減らしているのに体重が減らないときの対策 1. 食事 ①飲み物はお茶か水にして清涼飲料水を減らす ②超加工食品やジャンクフードを減らす ③主食(ごはん・パン・麺)の量を半分にする ④野菜(キノコ・海藻)を今までの2倍とる ⑤タンパク質を1食あたり20…

読書の目的とは

" data-en-clipboard="true"> Speed reading is a way to consume more content while gaining less insight. The faster you digest, the less you grasp. The point of reading is to enjoy and learn. It's about quality, not quantity. A great book sh…

運動の効果

運動の効果は、 ・健康維持 ・体力増進 ・筋力増強 ・アンチエイジング ・運動不足改善 ・メンタル改善、明るく前向きになる ・肥満、生活習慣病の改善 ・意志力、自信、自尊心の回復、向上 ・行動力の向上 ・不安、悩みの解消、負荷軽減 ・ストレスに強くな…

落ちやすい脂肪の順番と肝機能改善 メモ

1. 落ちやすい脂肪の順番 落ちやすい脂肪の順番は次の通り。 ①肝臓脂肪 ②内臓脂肪 ③皮下脂肪 ①②が落ちても外見に変化はないが、 身体にとって良い減量のやり方であれば、1か月目から効果が出ることが多い。 体調の改善や、健康診断や採血などの数値に改善が…

食習慣を改善して健康的に痩せるには メモ

●基本 ①飲酒量を減らす ・毎日飲酒→週5日 ・休肝日を週2回 ・3日飲んだら1日空ける、など。 ②加糖飲料を減らす ・水 ・お茶(無糖) ・コーヒー(無糖) ③糖質の摂取を減らす ・昼か夜の主食を減らす、もしくは抜く ・毎日主食は白米→週2回玄米や雑穀米を取…

収入を増やすには

収入が多い人は、社会価値を提供できている。 社会価値とは、伝えること、行動すること自体で、周りを元気にさせている。 ・見てくれる人がいる ・役に立つと思ってくれる人がいる 稼ぎ方よりも重要なのは、高い価値を提供すること(= 存在意義)。 他にも社…

お世辞を言う時のコツ メモ

1. 否定の再否定 お世辞を言った時に返された否定の言葉には、もう一度否定するのが効果的である。 相手からの否定で話が終わってしまうと、そのことが結論として記憶に残ってしまうからである。 お世辞はポジティブな結論で終わらせるのがワンセットなので…

文章を書く基本となる「型」について

何を書きたいか、どのように書きたいかで文章を作るのに悩んでしまい、 なかなか書き始められない時は、型を学ぷとよい。 ●構造の型 文章の基本的な構造の一例として、 ①主張 ②理由 ③具体例 ④反論への理解 ⑤主張 ③の具体例は一つだと偏見とか例外と指摘され…

人生を楽しく生きるには

①やりたい事をやる 人生は一度きりである。 ②無理しすぎない 替えのきかない自分自身の体や心の健康を犠牲にしてまで本当に必要なことは少ない。 また、常に全身全霊を込めた10割を必要とし続ける仕事やその人間関係はほぼない。 7~8割ぐらいの力で十分だし…

自分の限界や、これ以上は無理と判断し決断する基準

①数値化する 自分の調子を採点し、毎日記録する。 いつから調子が崩れ出したかが分かる。 ただし、主観(気分)なので間違いやすい。 ②行動で判断する できること、できないことを記録する。 学校・会社を欠席した等の行動と、その日付け。 客観的に見て判断…

ベンチマークの習慣をつけるには

●調査の視点 ・営業力がどの程度あるのか ・客にとっての利便性 例えば金融機関の場合、 ①品揃え リテールに重要な商品・サービスへの取組み状況(住宅ローン、投資信託など) ②店舗設備 営業を効率よく行うための設備投資状況(相談専用ブースの有無など) ③…

食事と糖質と低血糖、脂肪肝の予防・改善について

1. 精製糖質を減らす 肝臓にたまる脂肪のうち約9割が食べた脂・油以外からくると言われる。 ①皮下・内臓脂肪が溶けだした脂 60% ②糖質から肝内で合成される 26% ③食べ物の脂・油 14% 脂肪肝の場合、改善の最短コースは脂肪に変換されやすい精製糖質を減ら…

自分が辛い時に周りから理解されないという状態について メモ

●否認の心理が原因 心理学では「否認の心理」といって、そのことを認めたくない、不安を打ち消したい、 自分だけは逃れたいから、自分だけは違う、というような時に出てくる反応がある。 自分の過去にしてしまった良くない行動や悪い生活習慣など、例えば、 …

見える化 メモ

ビジネスなら管理職層が本来マネジメントすべき対象は「顧客にとっての価値」であるが、 それを向上させるには、価値を提供する側を可能な限り見える化し、 その創造性を増したり、仕事の効率性などを上げることである。 そのために最も大事なのは、「何を見…

今まで見えていなかったものに気付くには メモ

①昨日の延長線が一番安全 →ホメオスタシス(= 現状維持) ②現状の最適化ではないゴールを何か見つけ出す →ホメオスタシスを働かせる ③スコトーマ(盲点)が外れる 情報空間のエネルギーは上手く使えば現状の最適化を超えられる。 ただし、過去の最適化はその…

今に集中することは、実は先のことも考えている

今を生きるとは、今この一瞬一瞬を大切に生きるということである。 将来のことを考えないということではない。 今できることを先送りせず最大限やり、未来に負担をかけないことである。 私たちは、今という時制の上にしか生きられないので、過去、未来はイメ…

リーディングと心理について

前提を操作して相手を誘導する技法のことを、リーディングと呼ぶ。 実験例: 赤い服を着た人の写真を見せた後の質問で、 A:男の人が着ていたのは赤いシャツでしたよね? →リーディング B:男の人が着ていたのは青いシャツでしたよね? →ミスリーディング …