雑記

このカテゴリーには、日々の仕事、生活、学習、役に立った事、ある程度まとまったメモ書きなどを投稿しています。

また、2021年11月より、このカテゴリーへの投稿のみ常体での表現(である調)を使用しています。

本来はこのブログを訪れた方の多くが読みやすいように、敬体での表現(です、ます調)が望ましいと思いますが、著者本人のスキルの向上を兼ねて使い分けをしています。

読む方によっては多少堅苦しい文章表現となりますが、しばらくの間どうぞご了承ください。

他人の褒め方 メモ

音楽指導をしていると、子供や初心者も多いことから、 褒めることの大切さを感じることも多い。 一言で言えば「褒めどころを見つけること」が大切だが、 経験上、褒め慣れても褒められ慣れてもいない人が結構多く、 なかなか一言で済ませられることでもない…

できない人への対処、それを責める人への対処

仕事でも勉強でもなんでも、いわゆる「できない人」という人がいる。 これは一定数いるものだが、自分だって、今まで知らなかったことだったり、 始めてやる分野であれば、そうなる可能性もある。 だからせめて、他人の責任にして努力を怠ったり、 相手を一…

ショウリョウバッタ

昼食を作り、食卓の準備を整えた後、 流し台の隅にショウリョウバッタを見つけた。 小さくも大きくもないが、雄だろう。 おそらく門から玄関先までの間で買い物袋に飛びついたのを、 そのまま家の中まで招き入れてしまったに違いない。 気が付いた時には、も…

貯蓄の方法 メモ

●要旨 次の三点について、日本円とドルでそれぞれ財産を6等分する。 ①お金 ②株 ③土地(金) これ以外に財産を保全する方法はないといわれ、 この6分割のうちどれが伸び、下がるかは、専門家でも分からない。 だからインフレ時代がくるかどうかも分からない。…

整理整頓ができるようになるには

①捨てる 不要なもの、迷うものは全て捨てることが先。 自分の人生の上での変化が激しいとき程、捨てるものが山ほど出てくるし、 捨てることでできたスペースに新しいものが入ってくるのである。 ②一番お気に入りのものから使う ここ一番で使えないものは、必…

集中力を取り戻したい時にすること

①座りっぱなしなら立ち上がって軽く動く 同じ姿勢が続くのはストレスもたまるし、 筋肉も硬直するし、血流も悪くなる。 立ち上がって伸びたり屈伸したり、 寝転がって伸びたりストレッチをする程度でも、 体の負荷は解消されるので、集中力を取り戻しやすく…

疲れ切って帰宅した日にすること

①風呂に入ってリラックスする ②好きなものを食べる ③翌朝の身支度準備をする ④電気を消して布団に入る ⑤眠る 疲労の原因が体の疲れなのか頭の疲れなのかは一先ず置いておいて、 睡眠中にしっかりと回復できるよう、寝る前にリラックスしておくことである。 …

やりたいことがあるのなら、人から笑われても前向きさを失わないこと

もしも自分が大切にしている、何か叶えたい夢を他人に笑われたら、 次のような心構えが備わっているとよい。 ①ラッキーと考え、怒ったり悔しがったりする姿を見せない。 ②スルーするなり、さらっと受け流して躱し、自分のすべきことに集中する。 ③自分のこと…

一か月で健康的に2kg落とすにはどうしたらよいか

できるだけ体に負担をかけない。 できるだけお金をかけない。 できるだけ自発的に行いたい。 できるだけ今あるものや、環境や、知恵を使って理想に近づけたなら、 それを達成した瞬間はどんなに喜ばしいことだろうか。 今回はたまたま減量についての話で書く…

どの本を読んだらいいかいつも決まらない、を解決するには

「読書が好きで、読みたい本もたくさんある。」 しかし、いざとなったら迷ってしまう。 また、「読書の機会がしばらくなかったので、何を読んだらいいだろう。」 と、二の足を踏んでしまう。 という時に、迷い続けることがないように控えておいた備忘メモで…

「できない」を小さく切り分けて対処していくには

誰にでも、できないことはあるものである。 気合いだ、根性だ、だけではなく、 今の自分のできる範囲でできることから始めていくとよい。 音楽指導で初心者の人や子供にも多く触れてきた中には、 「今の自分のできる範囲でできることから始めていく」ことす…

「すくない」の送り仮名は、「少い」か、「少ない」か

ブログを書いていく上でふと気になったが、 実際に文字を書く時は「少い」と書いていたが、 パソコンなどで変換されるときは「少ない」となり、 「少い」とは変換されなかった。 今まで「少い」だと習ったのでそのように使ってきたが、 あらためて思い起こし…

自分の意見がないように見える人は、実は心を開くのが上手な人が多い

何かを学んでいく中で、自分の意見を持っていない人がいることがある。 相手が自分の意見を持っていないからといって、軽く扱わないことである。 自分の意見を持たないからといって、その人が無知であるということではないのだ。 物事に無関心であるという心…

うまく行った時にやっておくべきこと

何か物事がうまく行った時は、次のことを書き留めておくと良いだろう。 ①どうやって上手くいったか ②再現性を高められるものは何か ③どのような感情になったか ①どうやって上手くいったか 目標や計画を立て、実行に移した結果うまくいったというのであれば、…

初心者に対しての接し方

初心者や新しく入ってきた者をバカにしてはならない。 その人がどこでどんな実力をつけて、どのような成果をあげてきたかも、 これから仲間としてどのような働きをするかも分からないからである。 また、せっかく自分やその仲間と同じものに興味を持ったり、…

自分なりの工夫や、個性を出す前にできること

自分がやりたいことに対して、 まだ結果も出てないうちから個性を出そうとすると、 うまくいくものもうまくいかないことがほとんどである。 だから、早いうちから「型」を身に付けておくのが大切である。 例えば、 ①自分の思ったとおりに、 ②自分のやり方で…

人はなぜ腹が立つのか、他人に腹が立つ時はどうしたらよいか

自分と他人の言うことがすべて同じということはあり得ないので、 「まあそういうこともあるよね」くらいに留めておき、 小さなことであれば、あまりそのことに囚われ過ぎない方がよいだろう。 一緒に生活している家族に腹が立つとか、 若い人や思春期の人が…

引け目を感じないようにするためには

もっと「押し出す」ことである。 今できることを、とにかく実際に行動に移して乗り越えること。 小さなことでも一つずつでも良いから、もっと実績を作ること。 もっと強気で良いし、心の中ではもっと負けず嫌いで良い。 どこかで一歩引いているから、引け目…

人脈が欲しいならやっておくべきこと

仕事のためか、趣味のためか、何の理由かは様々であっても、 人脈を作りたいのであれば、経験上次の4つが参考になるだろう。 ①自分からその場に出向く ②自分から発信して集める ③得意分野で突き抜ける ④今自分の周りにいる人を大切にする ただし、「誠実に振…

新しく習慣にしたいことを追加したい時は

何か習慣化したいことがある時は、 「これから毎日やるぞ」と気持ちばかりを意気込むことではなく、 「既に習慣になっている行動とセットにする」ことである。 あらかじめ新しく習慣にしたいことと、セットにする行動を決め、 一連の流れとして作ってしまう…

試験や評価の結果の良し悪しに問わず思い出しておくこと

良い結果を手にすると、浮かれてしまいやすくなる。 良くない結果を手にすると、落ち込んで沈んでしまう。 どちらも周りが見えづらくなってしまうものである。 会社の評価や試験の点数が良かったのなら、 「勝って兜の緒を締めよ」ということで済むかもしれ…

少しだけ始めてみることの大切さ

何かを新しく始めるために既に計画を立てていて、 その始めるタイミングをどうしようか迷っていることがあるなら、 今日少しだけ始めてみるとよい。 例えば、10月からダイエットを始めるという予定なら、 「とりあえず今日腹筋を10回する」といった具合であ…

何か得体の知れない焦りを感じる時には

あれもしたい。 これもしたい。 思い通りにしたい。 もっと良い言葉を使いたい。 今やっていることで成果を上げられるのか。 今やっていることを無事に終わらせられるのか。 このままではうまくいかないんじゃないか。 自分(や誰か特定の人)に負けてしまう…

自分と他人を比べて落ち込むよりも、過去の自分と比較する

自分と他人を比べてクヨクヨ悩んでいる人がいるが、 そもそも自分と他人は違うものなので、何の意味もないだろう。 そうすることは、はっきり言って時間とエネルギーの無駄である。 それよりも、今の自分と過去の自分とを比べてみるとよいだろう。 つい1~2…

よく動くためにできること メモ

筆者は一日平均7,000~8,000歩は歩くのだが、以下のことを気にしていくことで12,000前後まで運動量を増やせたので、忘れないうちにそのメモとして記載したい。 ●基本いつも気にしておくこと・頭をボーっとさせない・胃もたれさせない・食べ過ぎない・いらな…

「一日一万歩が健康に良い」は、いつ言われ出したのか

歩くなら一日一万歩が健康に良いとか、七千歩が良いなど、 一体いつどこで言われ出したのかを調べてみた。 1. 一日一万歩が良いとされた由来 昭和38年(1963年)に、当時の運動不足解消についてウォーキングが見直され、 「一日一万歩運動」が国民的運動とし…

悪口、陰口、噂話とは距離を置く

悪口、陰口、噂話を人からされても気にしないことである。 また、良い噂話なら構わないが、そうでないなら自分からしないことである。 ※「噂話」については、ここでは良くない意味で扱っている。 その相手は「私はそういうことをする人です」と言っているよ…

人生をやり直したいと思った時にやること

あえて言うのであれば、次の3つについて書き出してみることである。 ①今日1日がどうあれば満足できるか ②何か一つでもできたら嬉しいことは何か ③次に生まれ変わったら良くしたいことは何か そして書き出したら、すぐに行動に移してみることである。 さて、…

努力のし過ぎなのか、まだ足りていないのかを見分けるには

自分は努力のし過ぎなのか、それともまだ足りていないのかを見分けるには、 「自分がやれることを、やれる範囲でできているか」を見直すことが大切である。 ①記録をつける ②加点法で調整する ③睡眠、食事、運動など生活の土台は死守する 自分がやれる限界が1…

大したことのない人が群れてベテランを追い落とすと、その組織が程なく壊滅する理由

会社、学校、政治、何かの団体、習い事でさえも、 その組織のために誠実に長い間貢献してくれていた人が、 色々な理由をつけられて一方的にどかされてしまう、ということがある。 その組織の規則に正当に則って、ということであれば別だが、 残念ながら声だ…