雑記

このカテゴリーには、日々の仕事、生活、学習、役に立った事、ある程度まとまったメモ書きなどを投稿しています。

また、2021年11月より、このカテゴリーへの投稿のみ常体での表現(である調)を使用しています。

本来はこのブログを訪れた方の多くが読みやすいように、敬体での表現(です、ます調)が望ましいと思いますが、著者本人のスキルの向上を兼ねて使い分けをしています。

読む方によっては多少堅苦しい文章表現となりますが、しばらくの間どうぞご了承ください。

不安や後悔やネガティブな感情を強制的に切り替えるには メモ

自分を責めたりネガティブなことばかり考えてしまう場合、リラックスする時間を作るとよいだろう。 例えば、風呂やサウナに入ると、「気持ちよい」や「熱い」という、たった今起きたことに反応することの方が優先され、それまで考えていた不安なことや心配な…

「失敗したらどうしよう」を何とかするには

何か失敗したことがあったら、次のような対応をするとよいです。 ①失敗の原因を突き止める ②対策を考え、対応する準備を整える ③仲間に原因を共有する ④そもそも失敗しないためのやり方を見つける ⑤失敗しなかった人はどうやっていたのか知る まずは、人間は…

引用のやり方について

引用は、長ければ長いほど真実味が増していく。 必須情報に加え、周辺情報も頭に入れておくとよい。 例:偉人の場合 ●必須情報 ・フルネーム ・偉業(何を成し遂げた人か) ・所属や肩書き(どこでどのような活動をしていたか) ●周辺情報 ・国籍 ・活躍した…

何から手をつけていいか分からない時にはどうしたらよいか メモ

仕事、趣味、勉強、家事など、やるべきことややりたいことがあるのに、それが多すぎて結局どうしたらいいか分からずに一日が過ぎてしまう場合、頭の中だけで考えすぎてパンクしてしまっている可能性がある。 そのような時は、頭の中にあることを一度すべて書…

リーダーはどこを向いて働くか メモ

何をするために「ビジョン」や「目標」は存在しているのか。 という本質を外れないことが大切です。 未来のあるべき姿を実現するために、一人ひとりができることは何でしょうか。 そして、何を見て、どのように感じ、行動にするためには、自分が何をやったら…

ドラッカー 事業について メモ3

ドラッカーの5つの問い ①われわれの使命は何か? ②われわれの顧客は誰か? ③顧客にとっての価値は何か? ④われわれにとっての成果は何か? ⑤われわれの計画は何か? ●彼は日本についてはなんと言っているのか。まず「日本人の強み」だ。 ドラッカーは「道」…

集中力を高めるには メモ

①睡眠時間を最低7時間以上とる 8時間以上であればなお集中できる可能性が高まる。 睡眠不足の状態だと何をやっても集中力が高まらないし、他にどんな方法を取り入れてみても集中力は高まりようがないだろう。 その他、6時間程度の睡眠を2週間続けた場合、二…

猫と音楽とインターネット

The internet is magic sometimes. pic.twitter.com/qeVdNIbo92 — Debbie Mia (@TheDebbieMia) 2021年11月14日 " data-en-clipboard="true"> この動画は、猫がミルクを飲みながら出す声をもとにして、インターネットで誰かが参加しながら楽器が重なっていき…

減量を成功させるためにできること

毎日同じ時間に同じ条件で体重を測定すること。 人それぞれに起床後の流れを持っていると思うが、例えば以下のように流れを決めておくとよい。 ①朝起きてトイレに行く ②歯磨きと洗顔をする ③シャワーを浴びる ④シャワー後に体を拭いて、服を着る前に体重を測…

年金定期便の重要性

年金定期便は必ずチェックすること。 ・自分が間違いなく納付しているか(自分で納めている場合) ・会社が自分の年金を払っているか(会社が納めている場合) が確認できるため。 記載がなければきちんと納付されていないことになる。 昔、「消えた年金問題…

指導者とは メモ

指導者とは、「私はこれができるからやってあげよう」ではなく、 「この人には何が必要か」ということをいつも考え、 もし今すぐに完成形として実現できないことであっても、 ひたむきにその土台を作り開発していく人である。 また、まだ途上にある人が、こ…

他人の顔色を窺ってばかりの人生にならないために

①自分の軸(目的や方向性)を定める ②他人の意見は参考程度にとどめる ③自分の思い、考え、感想などを言語化する練習をする 他人の顔色を窺うことは、良く言えば「周りとの調和を大切にする」という文化の一つかもしれないが、悪く言えば「他人の顔色を気に…

疲れているのに眠れないという状態を改善するには メモ

現代では疲れには二通りあると言われている ①運動などにより、全身が疲れている ②デスクワークなどにより、頭、目、肩などが部分的に疲れている ①であれば、健康な状態なら眠れないということはほぼないが、②のように、例えば現代人に特有の肩こりや目の疲労…

自発性を持った行動は結果につながりやすい

何か行動を起こす時、どんな条件で行動するかということは大切です。その時に気を付けることは、「周りの意見」を条件にしないことです。 「みんながやるなら自分もやる」だと、うまくいくことは少ないでしょう。他人に振り回されたり、他人の意見に合わせた…

福沢心訓を久しぶりに見かける

子供の頃から時折見かけた福沢心訓は、福沢諭吉の記した言葉とされており、大体が額縁に入れられて、丁寧に飾られていた。私が初めてそれを見たのは、剣道の習い事の合宿で、埼玉の山奥の合宿所に行った時だった。 一度読んでみれば、「成程、いいこと言って…

ベンジャミン・フランクリンの「十三の徳」 メモ

十三の徳 一、節制 頭や体が鈍くなるほど食べないこと。 はめを外すほどお酒を飲まないこと。 二、沈黙 他人あるいは自分に利益にならないことは話さないこと。 余計な無駄話はしないこと。 三、規律 自分の持ち物はすべて置き場所を決めておくこと。 仕事は…

過剰に高ぶった怒りや不安を鎮めるには

寝る前に不快な体験を思い出して、怒って興奮したり、 人から嫌なことされたり言われたりしたことを細かく思い出して、 事あるごとに苛立ったり腹を立てたりすることは、 誰にでもたまにはあることなのではないだろうか。 こういう時は、その怒りや不安など…

一度や二度で諦めないために

成功するためには、そこで諦めずに挑戦の数を増やしていくことである。 もちろん、そもそもの計画や準備といった段取りも大切だが、 何度かはうまく行かないことを折り込み済みにすることだ。 1回きりに全てを賭けて挑戦しなければならない、という考えでは…

物事をうまくいかせるために

①うまくいかせたいと思っていることを具体的に書き出す。 ②実際にやってみる。 ③やったことを振り返る。 ・うまくいった場合、再現性を見つけ出す。 →同じようなことが起きた時に使えるようにしておく。 ・うまくいかなかった場合、原因を見つけ出す。 ④原因…

自分の意見を持つには

自分だけが見られるようにしておけばよいので、 ①自分の意見を紙に書くなどして、準備したり事前にまとめておく。 ②自分はどう行動したいのかについて、普段からまとめておく。 ③頭にあることを言語化し、文章にすることで思考力を鍛えておく。 人は、他人の…

自分を変えるためにやれること

「自分に自信が持てない」とか、 「短所やコンプレックスが気になる」などの場合は、 次のようなことを試みるとよいだろう。 ①方向性を今よりもはっきりさせる どんな自分になりたいかを言葉にしてみるとよい。 「何となくこんな感じ」でも書いておくことで…

新しいことや初めてやることをした後にすべきこと

「これをやってみよう」と新しいことをやったら、 ①やったこと ②やった順番 ③その結果どうなったか を事細かに書き留めて後で見返すこと。 また、「これが何の役に立つのだろう」というようなことを、 初めてやった時でも同様である。 大切なことは意外と数…

辛い時、不安な時の過ごし方 メモ

何か他のことをするなどして気を逸らすとよい。 五感を刺激する行動につなげるとよいだろう。 悶々とした気持ちの時に、何もせずに寝転がったばかりだと、 頭の中の不安を煽る扁桃体は興奮したままで、 嫌な考えが次々と浮かんで来てしまう可能性がある。 脳…

人前で話す時に押さえておくとよいこと

人前で話す機会というのは、何かの拍子で突然訪れるものである。 一人や数人程度ならば誰にでもあるだろうが、 大勢の前でとなると、どうだろうか。 筆者はさすがに何千人、何万人の前で演説やスピーチをした経験はないが、 それでも仕事柄、数十人~百人ち…

分かっていないことを分からせるとは

音楽指導で人に教えている時、ふと気になることがある。 教えるには二通りあることだ。 一つは、そもそも知らないことを分からせてあげることである。 まだ分からないことがあるために、困ったり苦しんだりしている相手に、 理解できるように伝えたり、練習…

人に楽しんでもらうためには

小説は自分が面白いということより、 他人が面白いと思うことのほうが大事です。 誰にも読ませず、自分一人だけが読者なら、 自分が面白いと思うものだけを書けばいいです。 他人にお金を払わせて読んでもらうには、 その人を楽しませなければなりません。 …

模倣の良さと深さ

何か新しいことを取り入れようとしたり、 練習をして上達させたいという時は、 模倣から入るとよいだろう。 武道やダンスなど体を使うようなことなら、見本と同じように真似る。 きれいな字を書くなら、手本に沿ってなぞり書きができる教材を使う。 パソコン…

頑張っていることを汲み取るための視点を養うには

習い事でも勉強でも、何か目的や目標があって、 相手、特に経験の浅い人や子供が取り組んでいる時には、 「何をどのようにしようとしているか」をよく見ることである。 もし失敗があっても、一回一回あれこれ言わないことである。 頑張るというのは、いつも…

他人から評価されていないのでは、と思う時の考え方

自分は他人から評価されていないのではないか、と感じるよりも先に、 「自分で自分のとった行動や、自分の人生についてどのように評価するか」 ということについて、普段から考えたり振り返ったりしておくとよい。 他人からの評価に固執してしまうばかりに、…

予期せぬ成功がいつまでも気になって心に残る理由

生きていれば、なぜかうまくいってしまったと思える経験があるだろう。 うまくやろうとして実際にうまくいったことはその後全然覚えていないのに、 なぜかうまくいってしまったことはいつまでも心に残っているのはなぜか。 それは、失敗したからである。 物…