2022-10-01から1ヶ月間の記事一覧

一度や二度で諦めないために

成功するためには、そこで諦めずに挑戦の数を増やしていくことである。 もちろん、そもそもの計画や準備といった段取りも大切だが、 何度かはうまく行かないことを折り込み済みにすることだ。 1回きりに全てを賭けて挑戦しなければならない、という考えでは…

自分の意見を持つには

自分だけが見られるようにしておけばよいので、 ①自分の意見を紙に書くなどして、準備したり事前にまとめておく。 ②自分はどう行動したいのかについて、普段からまとめておく。 ③頭にあることを言語化し、文章にすることで思考力を鍛えておく。 人は、他人の…

後悔をできるだけ少なくするには、よく観察したり比較をすること

アメリカのダートマス大学(ニューハンプシャー州)による研究で、 「人は、選ばなかった方の選択肢を過大評価し、 この過大評価が過度の後悔を引き起こす」 ということを発見した(2022.1.21)。 研究者たちの予測は、2つの理論的観察に基づいて行われた。 …

ミスに対してどう向き合うか

人は誰でも間違えたり忘れたりするものです。 そのことでかえってプレッシャーを感じて塞ぎ込んでしまったり、 うっかり忘れをしたり、忘れ物をしたり、 言われた指示を思い出せなくなってしまって困る、 というようなことが起こってしまうこともあります。 …

自分を変えるためにやれること

「自分に自信が持てない」とか、 「短所やコンプレックスが気になる」などの場合は、 次のようなことを試みるとよいだろう。 ①方向性を今よりもはっきりさせる どんな自分になりたいかを言葉にしてみるとよい。 「何となくこんな感じ」でも書いておくことで…

新しいことや初めてやることをした後にすべきこと

「これをやってみよう」と新しいことをやったら、 ①やったこと ②やった順番 ③その結果どうなったか を事細かに書き留めて後で見返すこと。 また、「これが何の役に立つのだろう」というようなことを、 初めてやった時でも同様である。 大切なことは意外と数…

「分からない」を「分かった」に変えるためにできること

分からないことを自力で少しでも何とかするには、 ①とりあえず調べてみる ②とりあえずやってみる ③誰かに聞いてみる 大枠で、この3つくらいに絞れることでしょう。 今の世の中はインターネットでも多くのことが調べられますので、 ちょっとしたことなら①のう…

「無理」、「できない」ばっかりだった君達へ

今回の話題は音楽指導だけに収まらないことなのかもしれませんが、 実際は、やってもいないのに無理だと言っている人がほとんどです。 或いは、2, 3回やっただけで諦めていることもあるでしょう。 「何十回もやってみたけど無理でした」という人にも、 それ…

朝食を抜くことのデメリット

●要点 下記の「参考」にある研究において、 高脂肪食を食べさせたマウスの実験において、 朝食を抜くと体内時計の異常をもたらし、 ・体重増加をもたらす ・筋肉量を低下させる ・メタボリックシンドロームの危険性を増大させる ・ロコモティブシンドローム…

書いて伝える力の重要性

自分が「これだ」と思って続けていたことを、 まったく別の分野の著名な人が同じように言っているのを知ると、 嬉しくて安心するとともに、なぜか身が引き締まる感覚になります。 ---------- The most undervalued skill of our time is the ability to writ…

辛い時、不安な時の過ごし方 メモ

何か他のことをするなどして気を逸らすとよい。 五感を刺激する行動につなげるとよいだろう。 悶々とした気持ちの時に、何もせずに寝転がったばかりだと、 頭の中の不安を煽る扁桃体は興奮したままで、 嫌な考えが次々と浮かんで来てしまう可能性がある。 脳…

人に楽しんでもらうためには

小説は自分が面白いということより、 他人が面白いと思うことのほうが大事です。 誰にも読ませず、自分一人だけが読者なら、 自分が面白いと思うものだけを書けばいいです。 他人にお金を払わせて読んでもらうには、 その人を楽しませなければなりません。 …

上達するのが早い人とそうでない人の違い

初めて伺う楽団やバンドに音楽指導に行く時は、 大体が年度の始めから、ということが多いです。 初回は、基礎練習から見ることがほとんどです。 教わる側の人達に説明したり、見本を見せたり、アドバイスをした後、 練習の最後に、 「私が次に来る時までに、…

言われた通りにできる人と、要領よくできる人と、どちらがよいか。

音楽指導をしていると、大きく分けて二通りのできる人に会います。 言われたことを言われた通りに努力して基礎からできるようになる人と、 言われたことを言われた通りに数回繰り返しただけで別のやり方を思いつき、 結果だけは同じ結果に辿り着ける人です。…

模倣の良さと深さ

何か新しいことを取り入れようとしたり、 練習をして上達させたいという時は、 模倣から入るとよいだろう。 武道やダンスなど体を使うようなことなら、見本と同じように真似る。 きれいな字を書くなら、手本に沿ってなぞり書きができる教材を使う。 パソコン…

頑張っていることを汲み取るための視点を養うには

習い事でも勉強でも、何か目的や目標があって、 相手、特に経験の浅い人や子供が取り組んでいる時には、 「何をどのようにしようとしているか」をよく見ることである。 もし失敗があっても、一回一回あれこれ言わないことである。 頑張るというのは、いつも…

シンバルによる音の厚みの作り方

サスペンドシンバル等でロールをしたり、シングルショットをする際、 一人が一枚を使って演奏するだけでは音が薄いため、 二人で各一枚使う、三人で各一枚使うなど、 複数人で複数枚を使おうとする時がある。 その時に音の厚みを得ようとしたときの対応のメ…

デール・カーネギー式悩みの解決方法 メモ

悩みがあったとき、 ①悩んでいる事柄を詳しく書き出す ②それについて自分でできることを書き記す ③どうするかを決断する ④その決断を直ちに実行する デール・カーネギー:「道は開ける」より 頭の中だけでモヤモヤといつまでも悩みの状態のままにしておかず…

自分の利益のことも必ず考える

人のために何かをしたり、人に施すことは確かに良いことだが、 自分の幸せや利益になることも行うことを、忘れてはならない。 自分だけが我慢をすれば物事は丸く収まるのではないか、 などと思って、それを無条件に優先させてはならない。 誰だって、人は自…

やるべきことを絞り込む

ある程度の道のりを来たけど何だかうまくいっているように思えず、 どうしていいか不安になってしまった時は、 次のことに焦点を当てる機会を増やすとよい。 ①今やっていることは本当に必要なことか ②今までやってきたことで無駄・無意味なことはなかったか …

何を伝えるか、伝えないか

伝えたいことが多すぎて話が長くなったり、 文章が冗長になったり、何を言いたいか分からなくなってしまう時は、 「何を伝えないか」を意識するとよい。 一番伝えたいことは何か。 それを確実に伝えるには、どの部分を削ぎ落とすのか。 「一文一義」という言…

できない人への対処、それを責める人への対処

仕事でも勉強でもなんでも、いわゆる「できない人」という人がいる。 これは一定数いるものだが、自分だって、今まで知らなかったことだったり、 始めてやる分野であれば、そうなる可能性もある。 だからせめて、他人の責任にして努力を怠ったり、 相手を一…

ショウリョウバッタ

昼食を作り、食卓の準備を整えた後、 流し台の隅にショウリョウバッタを見つけた。 小さくも大きくもないが、雄だろう。 おそらく門から玄関先までの間で買い物袋に飛びついたのを、 そのまま家の中まで招き入れてしまったに違いない。 気が付いた時には、も…